MEASUREMENT 測定内容

MEASUREMENT 測定内容

アシックスヘルスケアチェックは、「健全度」を評価するにあたり、
「歩行能力」「体組成」「体力」「ストレス」「認知機能」の5つの要素を計測します。

FLOW 測定の流れ
  • ストレス 加速度脈波測定
  • 体組成 身長・体組成測定
  • 認知能力 認知能力テスト

静的測定項目(約13分)

  • 筋力・平衡性 握力測定・脚力測定・平衡性
  • 柔軟性 関節可動域測定
  • 歩行 通常歩行・アドバイス

動的測定項目(約10分)

  • 持久力 アンケート方式
  • 測定終了

問診項目(約2分)

約30分ほどで測定完了

CASE 導入企業様の声

ストレスチェック・脳活測定

  • ストレス

    加速度脈波測定

    指先の血管の「加速度脈波」の波形から、血管年齢の測定とストレスチェックを行い、「血管の弾力性」「ストレスに対する対処能力」「現在のストレス状態」を測定します。

  • 認知能力テスト

    「見当識」「注意力」「記憶力」「計画力」「空間認識力」をタブレットを用いて、ゲーム感覚で測定します。

歩行やさまざまな運動に関する測定

  • 体組成

    身長測定・体組成測定

    ・骨量(推定骨量)・体水分量(体水分率)・BMI(Body Mass Indexの略称)・内臓脂肪(内臓脂肪レベル)・基礎代謝判定(必要最小限のエネルギー代謝量)などを測定します。

  • 体力

    閉眼片脚立ち・握力測定
    5回椅子立ち上がり

    「握力=上肢の筋力」「5回椅子立上り=下肢の筋力」「閉眼片足立ち=平衡能力」3つの項目を測定します。

  • 柔軟性

    関節可動域測定

    身体の関節を自動認識する、高性能カメラを用いて肩関節と股関節の柔軟性を測定します。

  • 歩行

    歩行計測

    歩行能力に重要な6つの分野「歩く速さ」「ふらつき」「左右差」「身体の軸」「腕振り」「足の運び」を測定し、「歩行年齢」を導きます。※歩行能力が何歳相当かを示すアシックス独自の総合評価指標

  • 持久性

    問診による持久力測定

    「先行研究」の成果にもとづき、数個の設問の答えから心肺持久力を推定します。※出展元:「質問紙によるヒトの全身持久力の簡易評価法に関する提案:成人女性を対象として」(田中喜代次、臨床スポーツ医学)

基本測定項目のほかに、ご要望がございましたら、
オプション測定項目を追加いたします。
詳しくは、商談時にご相談ください。

FAQ よくあるご質問
測定の全体スケジュール作成、測定会場の手配、測定対象者リストの作成、
測定当日の測定者時間割作成、事前健康アンケート回答などにご協力いただくことになります。
詳しくは商談時にご確認ください。
1人あたりの測定時間は、おおよそ30分です。
測定会当日は、受付業務の方1名を企業様にお願いしております。
なお、会議室用の長机、椅子をお借りします。詳しくは商談時にご確認ください。
現在は「プランク」「反射時間」「足形測定」をご用意させていただいております。
その他のご質問一覧はこちら
TO TOP